HOME 商品一覧 レシピ集 ネット注文 会社概要 ファックス注文書 特定商取引 お支払い方法
つけもと株式会社 乾燥米こうじで出来る甘酒・手づくり味噌

 共生ネットショップ

べったら漬の素にもなるつけもとの乾燥米こうじ

1袋 200g入り    価格は商品一覧をご覧ください。

価格は商品一覧をご覧ください。

乾燥米こうじの戻し方 ⇒画像をクリックされるとPDFで開きます。



乾燥米こうじで塩麹を作ることができます。



⇒こちらからA4印刷していただけます。



⇒乾燥米こうじでつくる醤油こうじ(PDF)

⇒乾燥米こうじでつくる三五八漬

⇒乾燥米こうじでつくる三五八漬の素
(pdf文書)

⇒即席タイプのべったら漬の素はこちらです。

 

下漬・塩漬不要で簡単にほんのり甘いべったら漬ができあがります。


お求め方法はこちらです 麹漬の素製品へ

お買い物画面は下記イラストからもどうぞ。




米こうじを使ったべったら漬けの作り方レシピpdfで公開しました。
写真をクリツクされると拡大画面になります。


⇒手作り味噌の作り方PDF


乾燥米こうじ200g 本品の使い方
@ 甘酒(15人分)の作り方
ご飯200gに米麹(本品)200gをよく混ぜ合わせ、60℃のお湯を加えてのり状とし、50℃〜60℃の保温状態(コタツの中など)で12時間から24時間おきます。
3倍の水でうすめ、温めてからひとつまみの塩と砂糖を少々加えてください。
美味しい甘酒が出来上がります。お好みによりおろし生姜を加えてお召し上がり下さい。
A 手作り味噌(1s)の作り方
大豆240gを2倍の水に24時間浸し、指でつぶれる位やわらかくなるまで煮てすりつぶします。すりこぎとすり鉢で結構です。

米麹(本品2袋)400gと塩140gを十分混ぜ合わせて塩きり麹を作ります。

すりつぶした大豆と塩きり麹をよく混ぜ合わせ、みそ玉をつくります。

用意した樽にビニール袋をいれ、すきまをつくらないようによく押さえながら、詰めていきます。

最後に塩を一面にまんべんなくふりかけます。(大体、白く感じる程度)

サランラップを味噌に密着させて上から押しぶたをします。ほこりをかぶらないように大きな紙などで上から包み成熟させます。

大体3ヶ月〜6ヶ月で食べられます。

B 三五八漬の作り方
炊き上げたご飯4カップが70℃くらいになったら、米麹(本品)2.5カップをほぐして混ぜ合わせ、ジャーに入れて1晩おきます。
このときにあまり温度が上がりすぎないよう(50℃〜60℃)に注意します。

次に塩1カップを入れ、ふたのできる容器に入れます。1週間目位から使えますので必要な分量だけ出して野菜を漬けます。


商品裏面
       




関連商品のご案内
つけもとの麹漬の素各種
            

玄米入り三五八漬の素 500g     
三五八漬の素(こうじ漬の素) 500g 

価格は商品一覧をご覧ください。
取扱商品の一覧はこちらをご覧ください。
 更新日 


家庭用漬物の素つけもと製品通販

〒636-0052 奈良県北葛城郡河合町長楽89
つけもと株式会社 0745-57-2251
通販サイト電話0745-56-4595
 本日は   です

---------------------------

ぬか床元気 麹漬けの素 つけものの素 漬物の素 漬け物の素 糠漬けの素
たくあん漬けの素 はくさい漬けの素 キムチの素
たかな漬けの素 つけもと クエン酸・重曹 なす漬 料理材料

共生ネットショップ HOME 商品一覧 レシピ お買物 サイトマップ ファックス注文書

つけもと株式会社 通販サイト
共生ネットショップ
 0745-56-4595
            0745-57-2251 ファックス0745-57-1505
            mail : info@kyousei-nara.jp
〒636-0052
 奈良県北葛城郡河合町長楽474
事務所所在地
 奈良県北葛城郡河合町長楽89 つけもと株式会社内